08/09/2008 魔王 第6話
魔王さまの逆鱗に触れた池畑。やっぱり消されましたね。自分から罠に飛び込んだとも言えますか。
領の過去を探る記者・池畑(六平直政)に、領が本当は真中英雄の兄・友雄で、友人だった成瀬領が事故に遭った際に身元を証明する者が誰もいない家出少年だったことを利用し、領と入れ替わり、領に成りすまして生きていることを突き止められた領。しかも、池畑はそのことを見逃す代わりに多額の金を要求してきた。領にとっては大きな誤算であったが、大胆にも領は池畑から送られた赤い封筒を復讐に利用しようと考える。 領は、渋谷東署に現れると、自分に赤い封筒が届いたと直人に申し出る。その中には直人(生田斗真)の父・栄作(石坂浩二)と表向きは実業家だが、実際は誘拐、殺し…金さえ払えば何でもやるという噂の裏社会の大物・大隈(嶋田久作)との密会写真が・・・。 「これがマスコミにバレれば、大スキャンダルだ」と中西(三宅裕司)。 その写真は山野が盗撮したもので、領の策略通り、直人は父親とヤクザの大物との密会に不穏な気配を感じる。

また領は、同じ写真を栄作にも見せ、池畑の仕業だと思わせる。  すぐさま、栄作は大隈に池畑の口を封じるよう命令する。 しおり(小林涼子)から、『神曲』の残像を見たと連絡を受けた直人は「ガランサス」を訪れる。見えたのは、過去の直人の事件の池畑が書いた捏造記事と、池畑宛の赤い封筒だった事などから、直人は次に狙われる可能性があるのは池畑だと推測する。 「もしかして、雨野は親父を操って池畑を殺させるつもりじゃ・・・?」 また、領の元に赤い封筒が届いたと知ったしおりは、領の身に何かが起こるのではないかと心配する。直人はそんな彼女を見ながら複雑な思いを抱くが、「犯人は必ず俺が捕まえます」と励ますしかなかった

直人は池畑のアパートを訪ね、殺人事件に巻き込まれる可能性があるので捜査に協力してほしいと頼む。しかし、池畑から「アンタみたいな“人殺し”に守ってもらおうとは思わない」と冷たく切り捨てられてしまう。悔しさとやりきれなさでいっぱいの直人は、それでも守りたいと池畑に言う。事件は、自分が止めなければいけないのだと。 直人は父・栄作を問い詰める。大隈を使って、池畑を消すつもりじゃないのか? 「お父さんは操られてるんです!」と必死に止めようとするが、見覚えがないと栄作は白を切るばかりか、「お前があんな事件など起こすからだ。私の人生はお前の尻拭いの為にあるのではない!」と罵声を浴びせ掛ける

ホテルのロビーでは、意気消沈する直人を領が待っていた。一連の事件に必ず領が関わっているのはなぜなのか?と話す直人に、自分こそその理由が知りたいから調べてほしいと答える領。 事件が十一年前の事件に端を発するなら、「一番犯人に近い人物はあなたなのでは?」と、冷たい瞳で見据えるように言う領に、直人は何も言い返すことが出来なかった…。 その頃、領の姉・真紀子(優香)の元を領の取材と偽り池畑が訪ねていた。 電話でその事を知った領は怒りを露にし、口止め料の件で返事をすると言ってある場所に呼び出す。 その頃、宗田(忍成修吾)の元にも、赤い封筒が届いていた。中には葛西(田中圭)と麻里(吉瀬美智子)が抱き合っている写真の他に典良と麻里が自宅から出てくる所の写真が入っていた。宗田は葛西と麻里の不倫を知り、ある事を企む…

池畑が領に呼び出された場所に来ると、そこには領の姿はなく、赤い封筒を見つける。中には、タロットカードと11年前の記事のコピーが入っていた。裏切られた事に怒りを露にする池畑は、領の秘密をバラす事を決意する。しかし次の瞬間、大隈の部下たちに囲まれる。栄作の差し金だと判断した池畑は、なんとか彼等から逃げ出し、栄作に連絡。金と引き替えに、直人の件をマスコミにバラさない事を約束する。それに応じた栄作はすぐさま大隈に連絡し、池畑殺しを中止するよう伝える。しかし、大隈は部下達に予定通り動くよう命令する。実は大隈は、領から多額の金を受け取っており、池畑を追い詰めるように依頼を受けているのだった。金で動く大隈は、栄作を裏切り、領に寝返ったのだった―――!! 池畑は、取引で栄作が裏切ることを用心して、直人に守ってくれと連絡する。その代わりに、「教えてやるよ、真犯人」と言う池畑。 「死んだ奴が相手じゃ、捕まえられねえわな」という池畑の言葉が引っかかりつつ、すぐさま現場へ向かう直人。

直人から近くについたと知らせを受け、外に出た池畑を、大隈の部下達がようやく見つけ、捕まえようとする。栄作とは金で型がついたと不敵にいう池畑だが、チンピラの一言に愕然とする。「ボスは変わったんだよ」 それを聞き、命が危ないと逃げ出す池畑。それを追う部下達。逃げ場を失った池畑は、古びた倉庫へと逃げ込み「立ち入り禁止」と書かれた場所へ足を踏み入れてしまう。すると…老朽化が進んだ床が抜け、落下!下にあった鉄骨に頭をぶつけてしまう。そんな池畑の元へ一人の人物がやってきた。直人が来たと思った池畑は、虫の息で証拠であるボイスレコーダーを渡すが――!!なんと、来たのは領だった!!!愕然とする池畑だったが、時既に遅し。驚きと怒りに震えながら息を引き取る。 池畑から呼び出された直人は約束の場所まで来た事を知らせるために電話をかけていた。すると、どこからか呼び出し音が聞こえ、その音がする方へ歩いていくと…池畑が倒れていた!!!既に息絶えている池畑を前に、言葉も出ない直人。 池畑から受け取ったボイスレコーダーを聞きながら不適な笑みを浮かべて現場を去る領。またしても第三者を操って人を殺す計画を成功させたのだ。 領の復讐は留まる事を知らない…。


池畑に「真中友雄さん」と呼ばれて領は一瞬動揺したように見えたけど、すぐに体勢を立て直し、

「勘違いしてませんか?」と堂々たる応酬。仮に自分が友雄だとしても一連の事件の証拠はない。

まさにその通り。ボイスレコーダーとディスクに記録を残して5千万要求の用意周到な池畑ですが

タロットカードを送ったのが墓穴を掘ったようです。

その塔のカードは悲劇・災難・転落を意味するもの・・・。まさのそのような死を遂げるとはその時は

全く読めてない池畑でした。


山野と領はいつものベンチで背中合わせの情報交換。池畑から送られた赤い封筒を次に使うという。


しおりは神曲の本に手をかざして残像をみようとしてましたが、江里にこれ以上クビを突っ込まないように

言われてます。でももう誰にも死んでほしくない。しおりの願いが残像に向けられます。


領は池畑から渡された録音を聞いています。「お前は友雄だろう?僕は成瀬領です・・・」作業員の証言

は領にとって不利だけど証拠は何もないんだよね。


領は直人のところに赤い封筒を持っていきました。送り主は不明だけど、中には芹沢と大隈ガ同席して

いる車の中の写真が入っていました。なぜ領のところに?芹沢の顧問弁護士だからでしょう・・・。

ちょうどしおりから残像が見えたと連絡。それは11年前の直人の捏造記事のことでした。いじめはなかっ

たという記事。ついでにその父親の写真をしおりのところにもっていき残像を見てもらいました。

今度は池畑宛てにタロットカードが届くというしおり。すぐに池畑のところに直人は走ります。

あなたを守ると言っても相手にされていません。「アンタみたいな人殺しに・・」正義面している悪党の方

がよっぽど恐いよ。領のことね。車を拾った池畑にすがりつくように自分のせいだから事件を止めないと

いけないと強く言い、無理に名刺を渡しました。

そして葛西のところに走り、なぜ大隈と芹沢が接触してるのか聞きだします。池畑が脅迫してきたから。



領は芹沢にも大隈との密会写真を見せます。池畑から送られたようにいうのでした。しかもとっくに直人

には渡したと伝えますが「息子が父親を守るとは限らない」と冷めています。てか当てにしてないのね。

そして入れ違いに直人が父親のもとに乱入し力説します。

父さんは操られているんです!もしも大隈を使って池畑を殺したら犯人の思う壺。一連の事件も第三者を

使って殺させている。今回も父さんを誘導して殺させようとしている・・。

直人はちゃんとわかってるじゃないですか・・・。

でも芹沢は背負ってるものの大きさを知らず直人が勝手すぎるというのでした。

あの事件を起こしたことによって尻拭いばかりさせられてきた。返す言葉もなくうなだれてでていく直人。


直人を待っていた領。ちょっと驚く直人ですがすぐに

「親父を頼みます。守ってやってください」と。そしてわいてきた疑問。

「なぜこの一連の事件には必ずあなたが関わってくるんでしょうか?」

林と石本の弁護。空ちゃんの保護。赤い封筒まで届いた。・・・なぜだと思いますか?

この事件には偶然はありません。きっとあなたも何か意味があって・・。私も同じです。

今回の事件が11年前の殺人事件の復讐だと思われています。ふふ・・・わざと言ってるのね・・・

失礼しました。殺人事件ではありませんでしたね・・・直人が苦しむ顔をみてちょっと楽しんでる?

池畑から事件を聞いたという領。どうして自分が巻き込まれているかを調べてほしいと直人に言います。

11年前の真実を知ってるのは直人だけ。・・・一番犯人に近い人物はあなたなのでは・・・

じっと見つめられてる直人。その目に見つめられると見透かされそうで怖いねえ。


三宅上司に父親と大隈が繋がってることを報告。事件から外れろといわれますが、自分の手で逮捕。

もしくはその前に阻止するというのでした。


小物は小物らしく金に転んでいればいいと言う芹沢に消しましょうという大隈。不気味対談。


姉@優香から電話をもらう領。なんと池畑は姉のところに行き、領の本当のことを語るつもりの様子。

天使の弁護士の取材を受けていると嬉しそうな姉ですが、実際は脅迫のネタにされてます。

目的は何?結局、5千万の金を脅迫してきたあの時の続きで返事をくれというものでした。

「答えは決まってます」それは金を渡してもらえると思っている池畑がおめでたい。


宗田のところにも赤い封筒。中には葛西の車の写真。そして典良と麻里の写真。

ようやく宗田も葛西と麻里の不倫の関係がわかりました。屋敷に行き、確かめています。

そして間違いのないことを知り、嬉しそう・・この写真は使えると読んだ。


約束の場所に出向く池畑は自分宛の赤い封筒があることを発見。中には11年前の捏造記事と

タロットカード。携帯に向かって「これが答えか?カードは殺すという意味か?」

理由は池畑が真実を捻じ曲げたから。芹沢家の崩壊を見られず残念でしたね・・・

しかし池畑は不敵に笑ってます。その前に立ちはだかる大隈の手下。逃げ出しますが倉庫のどこかに

隠れ、そこから芹沢に電話。1億でいいと言っています。それにより芹沢は大隈に池畑に手を出さないよ

うに連絡していました。でも一旦は受けておきながら大隅は池畑を消すように手下に指示。74番倉庫。

芹沢を裏切ったのでした。それはカバンがありましたが、領が渡したもののようです。中には現金が・・。

そして池畑は直人にも電話。芹沢にも裏切られている可能性があるから、裏取引というか直人に守って

もらうという名目です。死人が相手じゃ捕まえられないよな。真犯人教えてやるよ。走り出す直人。



領が事務所に帰るとしおりがいます。領のところにもカードが届いたと知り、心配でたまらなくなったと

行動に出たようです。しおりは領に魅かれているのですね。しかし逆に動揺してしまう領。忙しいといい、

中に入ってしまいました。冷たい領にしょんぼりして帰るしおり・・車ぐらい拾ってあげればいいいのに。

領も実は格闘していたのでした。「僕に、人を愛する資格なんて・・」



大隈のところに葛西がやってきました。車に乗り込みます。

池畑は大隈にも直人にも電話したからすっかり助かる気分で出てきました。大隈の手下は、残念なのは

お前の方だと言っています。先ほど言っていた74番倉庫の方に誘導されて逃げていく池畑。

中に入っていくと出口は施錠されて追いつめられて仕方なく階段を上っていきます。そして転落。

直人が外で待っていましたが、一足早く領がやってきました。

直人だと思ってボイスレコーダーを渡す池畑。これは悲劇、災難、転落を意味しますと領が差し出した

カードを思い出し、息絶えました。

領が去り、代わって直人が登場。携帯で呼び出してみて気づき、中に入って池畑の死を確認。

直人は父親の差し金だと思ったようです。

倉庫の前に落ちていた送り状の差出人には池畑の名が。それはCD-Rでした。

万一のために直人のところに送ったの?

**************

直人が少しずつ賢くなってきてるのが嬉しいじゃありませんか・・。

ちゃんと推理もできてるし、しかも池畑が消されることも予想して下手に出て名刺を渡したり

けっこういい仕事をしたのですよね。

あと一歩、足りなかった。それはまだしょうがないですね。

直人が領と同じくらいの情報で埋まり互角になったときが領の危機。




しかし、しおりがやってきたときの領の動揺にちょっと揺れました。

この復讐劇は強い意思が必要。

恋に流されるわけにはいかないのね。

何よりも「資格がない」とつぶやいた魔王さまが気の毒でした。




でも今は、領の気持ちに沿って復讐優先で見てしまいます。

最後の最後、復讐を遂げたあとの魔王さまだけが気がかりです・・・。





Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/627-516b32d3