関ジャニ∞の共演。豪華ですね。ブラック安田章大君、おつかれ~でした♪
そういえば魔王の時もニノちゃんが出たのよね。グループ内での贅沢出演だなあ~。



ヤスコ@多部未華子が兄の扮装。頭にタオル巻いてケンジのめがね。なんかかわいいね^^

ストレートに好き、あなたしか見えない・・ホントに言えたらどんなにかいいでしょうね。

ちなみに世界で二番目に幸せにしてやる。一番幸せなのはこの俺。というのはケンジの考えたセリフ。



椿くん@大倉忠義が予備校に通ってると聞き、ヤスコも予備校に行くことに。

トップは椿純。2位が山田幹夫@安田章大。二人は小学校のときの同級生。

でも山田はトップを奪われたことで暗いライバル意識がむくむくともたげ、ヤスコを使って椿くんを

負かしてやりたい願望に染まっています。周りのワルそうなやつらが気になる。


ヤスコの妄想は今週も健在。椿くんラブのヤスコのなんてかわいいこと。

ついに告白か?メールで二人きりで会いたいと送信。で、すぐに「了解」の返信。

ところが二人っきりのはずなのに山田も同席。やたらヤスコに親しげに振舞う。ケータイにも勝手に登録

椿くんが何も言わないのが淋しいヤスコ。


もう一人の妄想女性@椿エリカ(広末涼子)はケンジ@松岡昌宏にケーキの差し入れでしたが、

すでに編集の優紀子が来ていたのでなぜか焼きもち。しかも出てきたケンジはいつものようにエリカを

「クソアマ」扱い。おかげでメラメラが宿り、せっかくのケーキをばっさり・・。もちろん被害はアジダスが

かぶったのでした(笑


「丘の四季」の写真集を借りていく山田。ヤスコを送っていく途中で彼氏がいないなら立候補すると

言い出し、椿くんの動揺を誘うのでした。椿くんもヤスコのこと単なる友達って。まあ、そうなんでしょう

けど、友達以上恋人未満って感じかなあ・・今はね(笑


予備校にまで現れる兄ケンジ。ヤスコの両脇にいた二人は疫病神。ハエが二人に増えたって(笑

しかし安田くんてば松岡を「誰、このチンピラ」だって・・・ぎゃははは・・安田くんの無事を祈ります・・


しかし逃れたところに不良たちが絡んできます。それは山田のさしがね。ヤスコちゃんを安全なところに

連れていけ。自分はチンピラと闘う・・ふりの山田。走り去る二人をみて大笑いのチンピラたち。

そして心配して戻った椿くんをどう騙したのか、再び現れたのは山田だけ。

こんなのほしくもないし要らないって椿くんが言ってたと丘の四季を返すのでした。ひっど~~プンプン!!

ヤスコが付き合えないと山田に返事をするところでは遠くに椿君を見た山田が、よろけて

抱きつくという有様。椿くんてばそれを見てとっても複雑そうですが、まだヤスコへの思いとまでは

行かないようです。それでもヤスコは写真集が迷惑だったら別のを選んでほしいといいますが・・・

幹夫に聞いたのか?それ信じたの?あたしバカだから・・煮え切らない二人の会話にイライラ~。

しかも椿くんはヤスコと幹夫が付き合ってると信じてるし。


エリカはそんな椿くんにちゃんとヤスコと話し合うようにアドバイスするのですが、自分の気持ちを

認めたくない椿くんはそれ以上踏み込ませません。

逆に、エリカがケンジを好きなことが苦しいことばかりで辛い思いをしているから、そんなバカらしいこと

俺はしたくないというのでした。エリカの反撃。平手打ち!

大好きだから辛いの。好きだから苦しいの。辛くも苦しくもない恋なんで恋じゃない。

純の思う大事なことってなに?「・・俺は!・・」

自分の大事なこともわからないアンタに恋をバカにする資格なんかない・・・


ヤスコは椿くんに誤解された上に失恋のショックでついに倒れてしまいました。

夜中におんぶして病院に走るケンジはやっぱりいいおにいちゃん。恋の病って・あはは・・

子供のころからおにいちゃんのお嫁さんになると言ってたヤスコだったのね。ふふ、甘美な思い出。


エリカとも口を利いてない微妙な純のところにケンジがやってきてヤスコのお見舞いにきてくれと

土下座までしています。あいつはバカだからてめえの顔さえ見れば元気になるというのですけど。

椿くんは苦渋の顔ですが、試験があると断ってしまうのでした・・・ええええ・・・信じられない。

しかし今日は椿くんの大事な推薦入試の日。

そんな日にヤスコを呼び出し、何か企む山田。


そして面接の椿くんにメールする山田。ヤスコちゃんがあの不良たちにつかまった。

驚いてしまう椿くんですが、とりあえず面接室に入っていきます。

あなたの近くにいる大事な人について話してください。

椿くんは、ヤスコに貰った本や、ハンカチの大きな名前や、土下座するケンジが脳裏に渦巻き、

突然立ち上がっては、走り出すのでした。ああ~・・・試験を放棄しちゃった。


ここは飲み屋?クラブか何か?幹夫、お前俺を騙したのか?今頃気づいたのか。

何の努力もしないで俺の上を行きやがって。女も進学も俺がぐちゃぐちゃにしてやるよ。

乱闘というか一方的に椿くんが殴られ、そこにケンジとエリカが背中合わせにかっこよく登場。

ちょっと暴れるだけで強い二人ですが椿くんがこれは俺の問題だと言い自分でけじめをつけるという。

なるほど。すぐに理解したケンジ。

椿くんと山田のサシでの勝負を認めました。邪魔するな。男同士のけじめだ!

椿君劣勢ですが、最後に決めました!こうなることはわかっていたけどね^^

「こんな女のために慶政大(?)の推薦をドブに捨てた」バカな椿。でもそれにカチンと来た椿くんは

沖さんは「こんな女」なんかじゃない。今後、沖さんになんかしたら絶対にゆるさねえ!

いや~ん・・キメタぜ。こんだけ言ってもらえたらヤスコも妄想で当分舞い上がってしまいそう・・。


「俺さ、ほれたよ!」

「椿くん、いきなりそんな・・」ポッ//

違うって、ほれたのはヤスコじゃなくてケンジ・・ぎゃははは・・・

でもケンジはヘルメットをかぶせヤスコをバイクに乗せて連れていっちゃった。

せっかくヤスコが大事な人と気づいたのに、強力なライバルは兄だった^^


*********

今週もほのぼの楽しかった。

ケンジがヤスコを一直線に大事にするというのが見てて清々しく兄らしくていいねえ。

椿くん、これまでヤスコを「かなり仲良しのお友達」程度に思っていたのが、

山田の出現で、「大事な人」に昇格。

どうやら自分の中の恋に気づいたようです。

ということは山田はキューピッドじゃん@@


椿くん、推薦をフイにしちゃってもったいなかったけど一般入試でも軽々合格できそうだし、

他のところに推薦の手もあるし、いいかね。

椿くんなら大丈夫でしょ。

それよりもヤスコの方が心配だよね(笑


素直に自分の気持ちを認めて、好きということは大事なんだなあ・・・




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/628-7d1d0b60