FC2ブログ
内野さんが池脇さんをリアルで慈しんでるように見えました。
情の深い人という内野さんの印象でしたがますます深く強くなりましたわ~。

今から3年前。2005年。
 そこには若き佐久間(筒井道隆)を柔道場でイヤというほど畳に叩きつける黒木(内野聖陽)がいた。事件発生の報に捜査一課7係へ戻る黒木と佐久間。
「いくぞぉ!」。
 黒木の掛け声一つで7係が動いた。その先頭に立つ黒木の顔は、揺るぎない自信に満ちあふれていた。

 暴力団員の工藤が何者かに殺害された。本庁捜査一課7係の黒木らはさっそく売春婦・杏子(池脇千鶴)を拘束。取調室の杏子は座ったままで何ひとつしゃべろうとしないが、工藤にいいように使われていたらしく動機はある。黒木は佐久間に「徹底的に追い込め」と厳令する。

 そんな黒木に昇進の話が持ち上がった。捜査一課では新たに13係を設置、上層部はそのリーダーに黒木を考えているという。ただし、すべては工藤殺害事件を片付けてから。気合いが入る黒木は、あっさりと杏子を帰してしまった佐久間に尾行を命じる。

 杏子を張り込む黒木と佐久間。が、佐久間は妻が海外出張のため一人家にいるという母と何度も電話で話している。黒木はそんな佐久間が面白くない。
 しかし、佐久間から杏子の身元を聞いた黒木は表情を一変させる。実は杏子は黒木が巡査時代に一家心中から救ってやった少女だった。両親は死亡、施設に預けられた杏子に「困ったときにはいつでも助けに来る」と言った黒木だったが、それきりになっていた。
 その杏子が売春婦に、しかも暴力団の男にいいように使われていた…。美しく成長したものの、ボロボロになってしまった杏子に黒木はいとおしさを感じ始める。

 その日から黒木は勝手に捜査から外れ、体を壊した杏子を付きっきりで看病する。回復しても黒木に対して「何を今さら」と憎しみを露にする杏子。が、杏子は施設に入ったときに黒木からプレゼントされた人形を大事にしまっていた。いてもたってもいられない気持ちになる黒木。人形を投げ捨てようする杏子の手をつかんだ黒木は、そのまま杏子と唇を重ねる。

 黒木のやさしさにようやく心を開き始めた杏子は、工藤を殺した犯人を知っているという。が、自分のために殺してくれた犯人を裏切るわけにはいかない、とも。黒木は犯人を捕まえたい黒木だが、あえて杏子を追及しない。

 捜査にも参加せず、杏子と関係を持ったことで黒木の出世もフイになってしまった。それでも黒木は杏子にプロポーズ。危険だから刑事は嫌い、という杏子の言葉を聞き入れ、備品係への転属を誓う。

 そんな折り、工藤を殺害した犯人が杏子に接触してきた。杏子から犯人と会う時間と場所を教えてもらった黒木は、岸(菅原大吉)ら緊急招集をかけホテルの一室に乗り込むが、そこはもぬけの殻だった。「愛を裏切った女に報復を」という手紙以外は…。
 ワナだと気付いた黒木猛ダッシュで杏子の部屋へと戻る。そこで黒木が見たものとは…。血だらけの杏子が人形を抱えて力なく座っていた。
「この世界に…愛は…あるの…」。
 それが杏子の最期の言葉になった。

 工藤、杏子を殺害した容疑者が浮上した。が、佐久間は母の体調が優れないから捜査から外して欲しいと言う。そんな佐久間に黒木の鉄拳が飛んだ。
「ママのオッパイが吸いたきゃ刑事なんかやめちまえ!」。
 黒木らが駆けつけたとき、容疑者の男は薬のやりすぎで死亡したあとだった。怒りをどこにぶつければいいのか…。黒木の心は次第に闇へと沈み込んでいく。

 被疑者死亡のまま送検し、工藤、杏子殺害事件は一件落着。しかし、佐久間は母が半身不随になってしまったことを知らされる。自分が家にいることができたら…。佐久間は自らを責めつつも黒木への不信感を募らせる。
 しかし、杏子を失った黒木の心も重症だった。ある日、幼かった頃の杏子の幻影を見てしまう黒木。誘われるように屋上へとあがってしまうと、そのまま空へと身を投げてしまい…。

 それから3年後。2008年8月。
 バイオリニストのもなみ(前田亜季)殺害の容疑者・岡林(白井晃)を前に、杏子の幻影を見てしまう黒木。ショットガンを手にする岡林に追いつめられるが…。
 病院で意識を取り戻した黒木は理沙(大塚寧々)に付き添われながら捜査本部へ。しかし、部屋はすっかり片づけられ誰もいなくなっていた。
「捜査は終わったわ」。
 理沙の言葉にぼう然とする黒木。いったい何が、どうなってしまったのか…。



殺害された工藤を見る時、手袋をあてるんですね。スジモンとか抵抗の痕なしとかすぐに判定してます。

ぱっとみてわかるものなのね。現場では奥さんが長期出張で母と電話している佐久間@筒井道隆。

3年前に遡ると黒木と佐久間の関係が今と全く違うことに気づきます。黒木はさほど見た目は変わってな

いのに佐久間は若く見えます。そして工藤の女という杏子@池脇千鶴が事情聴取に連れてこられまし

た。黒木は史上最強の13係長に抜擢予定。出世コースの階段を上がったというところでした。

佐久間はまだのんびり派のようで話を聞けそうにないからと杏子を帰してしまうような甘いところがありま

した。客を探している杏子を張り込んで見張る佐久間と黒木。どんな境遇?両親は自殺。橋から飛びおり

たという。10歳の杏子だけ巡査に助けられたという佐久間の解説にその巡査が自分のことだとわかった

黒木。客に「病気持ち」だと罵られて殴られた杏子を車から飛び出して助けてしまう黒木でした。


杏子の部屋に連れてきて看病を始める黒木。この時点で佐久間は追い出され黒木ひとりです。

回想によると施設を訪ねた黒木は杏子に西洋人形をあげました。こんなので喜ぶ年じゃないといいなが

らも喜んでる杏子。黒木は女心がわからなくてふられてばかりだと言いますが、杏子に大きくなったら

お嫁さんになってくれと笑わせるのでした。辛いことがあったらその分必ずいいことがある。だから杏子

には飛び切りいい人生が待ってると励ましたのですが、それっきり杏子のところには顔をださなかったよ

うです。目を覚ました杏子はいつものようにするのがお礼だと思ってるのが哀れ。病気だと思った杏子は

結局疲労と風邪ぐらいでした。ピンクのエプロンをして甲斐甲斐しく掃除をしている黒木のところに佐久間

ガ訪ねてきました。上司には女を張り込んでると取り繕ってくれたようです。


黒木はカレーを作ってくれますが杏子はこの日も口をつけず、テーブルをひっくり返しています。

さすがに平手打ちした黒木でした。「なぜ這い上がろうとしない?」と声を荒げてしまいます。

しかし杏子にとってもこれまでの日々は過酷だったようであの時両親と死んでれば良かったと泣きます。

でも人形があった。黒木から貰ったのを大事に持っていたということで杏子の積もった思いが見えます。

こんなもの捨ててやるという杏子にキスする黒木。かなり濃厚なキスシーンでびっくりでした。

いつか嫁さんにすると言った通り、二人の生活が穏やかに過ぎていきます。どこかのカフェのアルバイ

トが決まって喜ぶ二人。ついに杏子は工藤を殺した犯人を知ってると言い出すのでした。

杏子のために工藤を殺してくれた人を裏切れないという。黒木としても知りたい思いが逸るがここは

我慢のしどころ?「愛を裏切ったら報いがある」と言われた。それは本当の愛じゃないという黒木。

二人の関係が上司の知るところとなり13係長もフイにしてしまいました。でも本気だった。


黒木は杏子の薬指に指輪をはめました。一度はずして戻すものの再びはめてくれる黒木。

これが本当の愛だ。タバコ吸う人嫌い。すぐにタバコを捨てる黒木。刑事も嫌い・・・。危険だから・・。

所轄の備品係なら安全だという。もう一人になりたくないという杏子にそうすると誓うのでした。

幸せな二人を追いかける影が見えました。バイトから帰宅した杏子は、工藤を殺した犯人が現れ

二人でお祝いするという。あなたが聞きたければ場所を教えてあげる・・。無言の黒木・・。

サンフォレストホテル203号室。いきなりエプロンをかなぐり捨てて出て行く黒木でした。

もう帰ってこないのね?帰ってくる、犯人逮捕して全部片がついたら。約束。キスして出て行きます。

岸さん、緊急招集!ホテルに行ってみると誰もいません。代わりにテーブルの上にメモがありました。

「愛を裏切った女に報復を」いつか杏子が愛を裏切ったら報復されると言ってた言葉を思い出し、

杏子のもとに走ります。しかし遅かった。人形を抱いてベッドに座っている杏子は血だらけ。

「この世界に愛はあるの?」黒木の腕の中で息絶えたのでした。


捜査本部で真犯人が割り出されますが黒木は犯人憎しで頭がいっぱい。佐久間が母の具合が悪いから

はずしてほしいというと殴りつけるのでした。

しかし飛び込んでみた犯人は麻薬を打ちすぎてとっくに死亡。杏子との日々を思い出し、死体に殴りかか

り叫び狂い嗚咽の黒木。それをじっとみている佐久間。被疑者死亡のまま送検という結果でした。

佐久間の母は半身不随の後遺症が残ってしまったようですが、黒木が思い出したように尋ねたときは

「ご心配なく」というのでした。恨みでいっぱいの佐久間が辛いところです。本当にタイミングが悪かった。


杏子を失った黒木は抜け殻。部屋にとじこもっています。岸が訪ねてきても出ていません。

そんな黒木は子供のころの杏子の幻影を見てしまい、誘われるように屋上に上りました。

そのままフェンスをのりこえ屋上の縁に腰掛けている幻影のとなりに座ります。どうしてあのときわたしを

助けたの?どうしてまた私の前に現れたの?どうしてあのとき犯人の居場所を言うなって言ってくれなか

ったの。一人はいやだって言ったのに。ずっと一緒にいてくれるって約束したのに。黒木はニッコリ笑い

「ずっと一緒だ」と縁に立ちました。この世に愛はあるの?「あるよ」一気に飛び降りてしまいました。



それから3年経ち、備品係をしている黒木。日比野と鶴ちゃんが配属されてきたようです。

初々しい二人でした。勝手のわからない黒木は仕事を増やさないでとルミちゃんに怒られ、

アメをくわえさせられました。

その間に佐久間は出世コースにのり、黒木と立場は逆転。

そして先週の日本青空クラブの岡林邸に潜入。すっかりそれがばれていた黒木でした。

信じた人に裏切られた気持ちがわかるか?岡林に責められて杏子の幻覚が再び現れます。

追いつめられた黒木は床に倒れてしまいました。さよなら黒木君・・・


黒木が目を覚ましたのは病院のベッドの上。丸一日寝ていたようです。

事件がどうなったのかさっぱりわかりません。

寧々ちゃんに連れられ捜査本部に行ってみると机などが片付けられて何もなくなっていました。

捜査は終わったという。呆然と立ちすくむばかりです。


****************

西洋人形と子供と大人の女性とが幻影に現れますが、子供の杏子と大人の杏子だったのでした。

過去の関わりがようやくわかりましたが、本当に黒木は杏子を愛していたのね。

備品係りになると約束したばかりなのに、それでも事件解決だけはしたかった。

そのあたりが黒木の刑事としての本音の部分であり、止めることはできなかったのでしょう。

あの時点で杏子は自分の運命を悟ったのかもしれません。

人生は辛いことがあれば残りの人生はいいことが巡ってくると言った黒木でしたが、

確かに杏子にとって黒木と再び会えたことで幸せは最大のところにいたのかもしれません。

そのバランスシートとして結果は殺されてしまった。それほど黒木の愛は大きかったのかも。


その責めを負って壊れた黒木が本当に気の毒。

ようやく立ち直りかけていたのに、再び心の病気が悪化してしまいました。

佐久間もその辺は計画的に見えます。ブラックな匂いがする佐久間のび太くん・・。


しかしもなみ殺害の事件があちこちに絡み、飛び火してるように見えます。

黒木は再び刑事として動けるようになるでしょうか?

あまりにも辛い過去を背負ってしまいました・・・。




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/633-a8fe4a79