伊東@青柳恵美の生きる道を問う今週話。

・・とかっこよく決めたいのですが何しろバストネタのオチですから。


恵美は青森に夜行バスで帰りました。

何時間かかるの?腰が痛くなりそうですね(苦笑

ママが倒れたというのは真っ赤なうそで、都会で日々をすり減らして

いるように案じた両親がお見合いを画策したもの。

お父さん、練習したにもかかわらずカンペを読まないと

全然、先にすすめないって・・

病室で酒盛りしたりしてねえ・・・

そんなこんなで恵美にばれてしまいました。


でもお父さんと一緒に魚釣りをする恵美は親孝行!

人生の楽しみを知りたかったら釣りを覚えろといいますが

エリは釣りはあまり楽しいと思えないんですけどね。

そんな恵美のもとに井口登場。

先週、井口が出なかったのでちょっと嬉しかったりします。

しかし津軽弁はほんのりしてあったかいのですね。

ところどころわかりにくいところがあるのがご愛嬌デス


一方東京の丸越では恵美のいない売り場を切り盛りするのが

大変だと誰もが一時主任的立場を尻込みします。

こんな時に毎年現れる仙台からのお客が今年も現れました。

頬を真っ赤にして、海の陽に焼かれたくましいお客さん。

しかし問題はバッグで、ボロボロになりとめ具ははずれ

悲惨な状況になっています。

クレームをつけに来たかのようなお客でした。

恵美は決して言い訳をしないことと、責任者を出せといわれたら

田村部長を呼ぶというアドバイスをしています。

ちょうどそこにまりえ@深田が休憩から戻りました。

一瞬で、バッグの状況を見てとり、肌身離さず使ってくれたから

本望だという話をします。いつものように「お嫁に行ったバッグ」

という商品への愛着を示すエピでした。

おかげでお客はいい気持ちになり、自分とこの嫁の分まで

買っていったということになりました。

まりえの手腕が発揮された日でした。

そんな実績を目の当たりにした部長は

青柳が帰るというのを夏休みをとってゆっくりしても構わないと

言います。青柳がいなくても大丈夫だというので恵美には

ぐさっと来てしまうのでした。

しかもテレビ出演の売り場のみんな。

主任にするのは伝統と格式にのっとりじゃんけんでしたけど^^

結果、まりえが主任ということになってテレビにアピール。

バッグをお嫁にだすということが受けたようです。


さて、井口が連れて行ってくれた飲み屋は昔あこがれていた

小久保が女性になっていたわけで・・複雑な胸中でございます。

こんなわけで過去にこだわっていた恵美が昔をふっきるのが

井口の目的だったのかどうか・・よくわかりませんでしたけどね。

小久保のいうソウルメイトとラブの違いって何?

何にしてもお見合いぐらいしてあげればいいじゃんという二人。


ちょうどその頃、大山はまりえを誘い、焼肉をご馳走しています。

以前ヘッドハンティングされていた大山はまりえも一緒に

連れて行こうとしています。それはいかんよ!!

しかし二人が体を乗り出すとバストがテーブルの上にのっかり

かなり笑えます。

まずは「マリエショップ」への近道だと誘惑されてしまいました。


恵美は大打撃。井口へも大口を叩き、田村部長も恵美を必要としない

話し方でしたし、しかもテレビではいつのまにか自分をさしおいて

まりえが主任になってるし。

わなわな状態でお見合いすると叫んでしまいました。

ピンクの振袖が可愛い伊東。

しかし外に出ての会話の途中石につまづいてしまった恵美。

うっかり相手の手が伊東の胸をむぎゅっとつかんでしまいました。

しかし恵美はすっかりホタテ長者になるつもり。

まりえの電話にもつれない態度をとっています。


そんな恵美が留守電を聞いてみると8件も入ってる。

みんな恵美を求めて電話をくれているのでした。

何となくいい気分になり、やっぱり自分は仕事の道を邁進すると

決意を新たにした恵美です。

家にもどり、嫁にでもいくような挨拶をしていましたが

お見合いは断ってくれろと両親に伝えた・・というところに

相手からも胸のでかい女がいいということで

断りの電話がはいったのでした。

伊東を振る男がいたなんて・・・

しかし普通、お見合いって男の方は断らないのでは??

もしも断る場合でもうまく女性からのように見せかけるし、

相手の落ち度とか欠点を言って断るなんて言語道断ですっ!


いつものように売り場に復帰した恵美は皆に慕われて

調子をとりもどそうとしましたが、そこにいとこの牛乳屋が現れました

何と、酪農フェアがあるというので皆に牛乳を配っています。

恵美のこともお見合いを断られたとばらしてしまったのでした

                   

恵美のママが自分の決めた道をちゃんと歩んでほしいという

思いがあったといいたいのかな?


ホタテ長者と結婚していたら、そちらでも手腕を発揮して

おもしろい商売ができそうですね。

そういうのも血が騒ぐなあ~~~。

って、エリの話じゃなかった。


何か恵美は自分の夢をちゃんと追えるかどうかという岐路に立ち、

そして、夢を選んだという今回でした。

おなじようにまりえも夢があるのですが、

大山の示すものがまりえにとっていいかどうかはわかりません。

でもブルガリだったら、何となくセレブ感があって

憧れそうですね^^


今週はバストネタは少なかったけれど

バストがないからお見合いを断るというのも乱暴な話で

ありえないオチでしたね。


予告でまた天狗の金棒を見たよ・・また笑えるかな~~

Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/68-e1cf6f3d