FC2ブログ
ゴンゾウ再生、そして黒木復活~!と思ったら、備品係続行中。これでよかったのね~♪
バイオリニストのもなみ(前田亜季)を殺害した真犯人が、かつての黒木(内野聖陽)の恋人・杏子(池脇千鶴)を殺害した犯人と同一人物だった。黒木は佐久間(筒井道隆)に再捜査を迫るが、佐久間は拒否。黒木を捜査に引っ張り込み、恥をかかせたことで自分は黒木に勝ったと満足しているらしい。しかし…。もう自分にかまわないで欲しい。苦しげに突き放す佐久間を、黒木は何も言えず怒りの目で見送る。

 早苗(遠野凪子)の証言で作成された似顔絵と指紋から、もなみを殺害した真犯人が乙部(内田朝陽)であることが裏付けられた。3年前に杏子を殺害し、八重樫(中村玄悟)という麻薬中毒者に罪をなすりつけ、今回はもなみを殺害。鶴(本仮屋ユイカ)を目撃者として岡林(白井晃)を犯人に仕立て上げた。
 乙部を信じていた鶴は岡林逮捕を乙部に教えてしまっていた。黒木を追い詰めたのも自分のせい。責任を感じた鶴は黒木に辞表を手渡すが、黒木は「乙部にだまされたのはみんな同じ」とあっさり破ってしまう。

 乙部のマンションを見張る寺田(綿引勝彦)と合流した黒木と鶴。乙部が不在であることを確認すると部屋へ入るが、黒木は乙部の義母からのはがきを見つけると、その義母のもとへ。かつては「乙部醤油」の一人息子として幸せな日々を送っていた乙部だったが、やがて経営が悪化し父親が母親に対して暴力を振るうようになってしまったという。そして、ついに母親は暴力に耐えかね父親を殺害、母も乙部を一人残して自殺してしまった。そんな乙部の幼少期の話を義母から聞かされた黒木は…。

 乙部が海外へ高飛びする可能性が出てきた。黒木が日比野(高橋一生)と成田へ向かおうとすると、佐久間が13係の刑事たちを連れて現れた。乙部を容疑者としてその身柄を拘束するという。黒木は直接乙部を逮捕すべく、捜査官を引き連れて成田へと向かおうとする。が、突然意識を失って倒れてしまい…。

実は黒木のコーヒーに睡眠薬が入れてあった。目を覚ました黒木はなぜ自分に逮捕させないと佐久間につかみかかるが、佐久間らは理沙の指示に従っただけだった。理沙は黒木が事件を解決したあとに自殺する、と読んでいたのだ。事実を知った黒木は備品係の部屋で佐久間らとおとなしくしているしかなかった。

 Q太郎の巣から早苗が犯人からもらったというペンダントと同じものが出てきた。なぜ、こんなものがQ太郎の巣に…?もとはといえばQ太郎は、患者が飼いきれなくなったから、と理沙が持ち込んだもの。ということは、ペンダントはその患者の部屋から拾ったもの?つまり犯人…しかも理沙の患者だった!?

 黒木はあわてて理沙へ電話をかけるが、すでに乙部は理沙のもとへ。銃を理沙に突きつけると、どこかへと連れ去ってしまう。
 乙部が行くなら「乙部醤油」の工場跡に違いない。
 黒木は自分の勘を頼りに佐久間と2人だけで工場跡へと急行する。

 気配をうかがいつつ、拳銃を片手に乙部を探す黒木と佐久間。しかし、フイを突かれた佐久間が乙部の銃で足を打たれてしまう。佐久間が無事であることを確認した黒木は、なおも乙部を追うが、やはり佐久間同様銃弾を浴びてしまう。防弾チョッキで致命傷は避けられた黒木だったが、銃弾が首をかすめ大量出血。薄れいく意識の中で黒木は杏子の姿を見つける。
「まだやれるわ」。
 そんな杏子の言葉に気合いを入れなおした黒木は理沙に銃を突きつける乙部と対峙する。

 理沙の言うように人に与えても何も帰ってこない、それどころか殺人犯として死刑になってしまう。自殺した母が言ったとおり、この世界に愛なんかなかったんだ…。自分は理沙にだまされた、だから自分同様死刑になる、という乙部に黒木はもなみの両親、ホームレスの夫に塩むすびを送ったロダンの妻、旋盤工の津田…。今回の捜査に登場した人々の愛のある姿を紹介する。
 さすがにショックを受けた乙部は理沙を放すと、銃を自らのこめかみに当てるが、一瞬早く黒木は足につけていた銃で乙部に発砲。今度はその銃で自らのコメカミを打ち抜こうとするが、もう弾が入っていなかった。
「生きていいのか?」。
 黒木の問いかけに杏子の幻影はしっかりとうなずく。

 数日後、退院した黒木はやはり包帯だらけの佐久間と再会。佐久間は13係で実績をあげながらも、「黒木ならもっとうまく…」という頭の中の声に悩まされてきたという。ならば本物の黒木を潰せばいい、それが佐久間の解答だったが、いざ黒木を潰しても逆にそのすごさを実感させられるだけだったという。
「いつか勝ちます」。
 そう言い残して去っていく佐久間の目はどこか晴れやかだった。そして黒木も井の頭署の備品係として昼間から居眠りをむさぼるのだった。




この世界に愛はあると思う?「うん、あると思う!」鶴ちゃんは幸せな人だね。

乙部がヒントを残しているとき、同じように佐久間にこの言葉を投げつける黒木。

もう一度捜査して乙部を逮捕するべきだというのに佐久間は乗り気じゃありません。

フォークなどの指紋が一致。ホンボシ決定。

鶴ちゃんは辞表を忍ばせていますが、黒木に渡しました。

自分が捜査情報を漏らしたことで黒木が岡林に撃たれそうになり、発作がぶり返したことを謝罪します。

しかしこの乙部には過去にも散々翻弄され偽の情報をつかまえさせられてきました。

鶴ちゃんだけじゃないということでアメでもなめる?新しい飴を出したと思ったら自分のくわえていた

飴を鶴ちゃんの口に入れちゃった~~~~~っ!バッチイ~~・・ヒィイイイイヤダヤダ・・・・



乙部のアパートを捜索すると手紙類がありましたが母からのものでした。

調べてみると「乙部醤油」の御曹司だった乙部です。家業が傾きはじめ父親が母に暴力をふるうように

なり、思い余って殺してしまう。そして母は自殺。乙部は親戚の人に育てられたという事情がありました。

この育ての親が手紙を出したようですが返事もなかったという話でした。

子供の時に父親の暴力を見てしまったので精神状態が破壊されたみたいな乙部です。


佐久間は母を連れて温泉にいくところですが、寧々ちゃんの電話が母にも理解できたようで

仕事をしなさいといわれてしまうのでした。

すぐに職場に戻る佐久間。


捜査本部には乙部逮捕に向けて皆集合していますが、乙部が高飛びの可能性があるから空港警察にも

依頼していると話しています。これから皆で、逮捕に向けると意気も高揚していますが、そこにコーヒーを

出され飲み干した黒木がよろよろと転び立ち上げれなくなりました。

何を飲ませた?コーヒーには睡眠薬?黒木を心配して現場には出さないことにしたようです。

それは寧々ちゃんの指示。乙部逮捕したら黒木は死を選ぶと予想していたとのことです。

佐久間は黒木に乙部逮捕はさせないし、無様に生き続けてくださいというのでした。


黒木は目が覚めて備品のルミちゃんと一緒にいますが、インコのQ太郎が巣のなかに隠していたものは

ヘアピン類。そしてペンダントトップ。それは早苗のペンダントトップと同じもの。

Q太郎は寧々ちゃんの患者から譲り受けたもの。乙部は寧々ちゃんの患者だったのか?

すぐに電話してみるとすでに乙部がやって来た後だった。

寧々ちゃんに銃をつきつける乙部。どうせ死刑になるから寧々ちゃんを道連れにするという乙部。

「先生はね、僕と同罪なんです」謎のような言葉です。

黒木と佐久間は勘で乙部醤油の実家に向かっています。

氏家は文句いいながらも責任は俺がとると言い切ってくれました。


乙部醤油にやってきた黒木と佐久間。二人はきっと乙部がいると警戒しながら探っています。

茂みにいる佐久間がまず撃たれます。かなり痛そうで動けない様子。

黒木が中の様子をうかがっているところに寧々ちゃんを連れた乙部がいきなり発砲。

何度も撃っていてそのたびに衝撃をうけている黒木。血だらけですが、幻覚の杏子は微笑んでいます。

「まだやれるわ」というのでした。

それで見てみると防弾チョッキを着ていて弾は全部そこでストップ。クビのところの血が凄まじい。

寧々ちゃんを人質にした乙部と黒木が向かい合います。

銃を捨てろといわれて乙部の方に投げている黒木。

なんで僕がこんな目にあわなくちゃいけないの?愛を与えてきただけなのに。

結局、この世界に愛がないからいけないんだ。僕のお母さんはいつも殴られていたの。

だから僕がお父さんを殺した。ナイフで刺しています。真相はここにありました。驚く黒木です。

そして母は自殺。母親に全部罪を持っていってもらったという。

人の愛し方をわからないから先生に相談したら愛は与えれば必ず返ってくるといってた。

殺人だってしてあげたのに、返ってこない。皆、気味悪がり裏切った。

この世に愛はない。僕先生に言われた通りにしただけなのに。おかしいでしょ。

だから寧々ちゃんを道連れにするという乙部。


お前のやってることは愛じゃない。

愛に裏切りはない。

娘を忘れないでやってくれと両親が何枚も焼き増しして送ったコンクールの映像。

恋人のために刺繍して作ったネクタイ。

柿沼が自分の命と引き換えに証明したもなみの真実。

死ぬ前に聞いたバイオリンの音色。

ロダンの奥さんが作ってくれた塩むすび。

津田のじいさんが自分でつぶした右手。

3年がかりで俺をここまでたどり着かせてくれた杏子。

それが愛だ。

乙部、この世界は愛であふれているんだ。どこもかしこも愛で・・・

何かごめんなさい。と頭をさげて笑っている乙部は寧々ちゃんをつきとばし黒木の方に。

そして自分のこめかみに銃を向けていますが黒木はブーツに隠し持っていた銃を発砲。

倒れた乙部です。

その後、黒木は自分の頭に向けて銃を撃ったけれど弾はもうなくなっていました。

幻覚の杏子に「生きていいのか?」と問いかけるとにっこりうなずくのでした。

指を刺す方向には寧々ちゃんがいます。

二人はひしと抱き合いました。良かった・・・泣いている寧々ちゃん。

う~ん・・・これはなんと解釈しよう??




そして乙部は逮捕され、警察の応援がやってきて一件落着。

黒木は床に大の字になって泣いていました。


次はメイドカフェの鶴ちゃん。かわいいメイド服ですが、犯人を逃がしたということで

せっかく囮になったのにみんなの目の保養になっただけ。怒ってましたね^^;

でも鶴ちゃんかわいいよ~。1話でも高校生になった鶴ちゃんをいずれメイド服でもと書いたら

その通りになってちょっと嬉しかった。


そして日比野には飯塚から姉を助けてくれたことに対しての感謝のハガキが届いた。

黒木はもなみ殺害の現場で手を合わせ、犯人逮捕の報告をしました。

佐久間が手を包帯でぶらさげ、杖を突きながら登場。相当痛い目にあったようです。


そしてそれまでの黒木に対するわだかまりを正直に告白。

自分が13係を引き継いだけれどどんなにがんばっても黒木に追いつかないという自分自身の縛りが

あったのでした。

でも黒木も佐久間の母をあのようにしてしまったことを謝罪。

二人の間はすっきりしました。

まさに和解そのもの。

いつかは勝ちますよという佐久間。

勝手に銃をもっていたことで停職中の黒木はしばらくしたらまた備品係に華々しくデビューだそうです。


ラストはもなみの生前の練習の様子を流していました。

音楽は人を救えると言ったもなみの姿が母にははっきりと見えました。


そして黒木は再び備品係で居眠りしていました。

インコがつがいで見えます。



最後まで楽しませてもらいました~~!

塩むすびと言ったときにはおむすびが食べたくなりましたねえ。

この世に愛はあるの?

この世は愛であふれている。

乙部にしっかりと教えることができた黒木でした。


このドラマは10話までの長い一本の芯を持ちながら一つ一つ分解してそれぞれ独立させ

最後にまとめあげた壮大なものでした。

事件モノだというのに全部つながったのが凄かったですね。

ゴンゾウが再生したからにはパート2があるかもしれないなあ~~♪


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/681-9dd13c4f