FC2ブログ
一人選べといわれたらこうなりますよね。これが10人でもその中の一人になりそう・・
それにしたってチェック体制が甘い。チビ太に言われるまでもないことでしたよねえ。

弥生から、総務課のリストラ要員を1人選ぶよう命じられた島子は、どうしてよいか分からずにいた・・・。
それぞれの課員達の家庭事情や会社への思いやりを知ってしまった島子には、誰か1人、リストラ候補を選ぶなど到底、できることではなかった。
一方、桜が担当する『事務用品の発注と管理』が次なるアウトソーシングの項目と決まり、マニュアル作りが始まるが、桜本人の仕事が奪われるという、危機意識は薄く、スキル的にも中国チームに叶わないと諦めムード。コネで入社した桜のコネの効力が消えたと知った島子は、本気でがんばらなければリストラされる、と自分の仕事の目的も忘れて逆にはげます。

まもなく、営業2部から総務課に、フロアの配置換えをして欲しいとの連絡が入る。島子の言葉でヤル気になった桜は、立候補。朝比奈も島子がフォローすると聞き、OKサイン。桜は、ヤル気満々で仕事に取り掛かる。

そんな中、リストラ要員を決められない島子に、桜のクビを切るよう催促する弥生。島子は、桜は新しい仕事に取り組んでいると猶予を求める。一方、桜は奮闘し、ようやく営業2部のフロアの配置換えを終える。
ところが、桜は部長・原田(大河内 浩)の机を配置し忘れるという大失敗をしてしまう。 総務課に怒鳴り込んで責任を追及する原田に対し、弥生は即座に桜をクビにすると宣言。
その夜、島子は、ある決意を固めて――。



ため息をついている島子@観月ありさに弥生そっくりに

「会社は仲良しクラブじゃありまへ~~ん」と再現してみせる小旗@チビ太@阿部サダヲがうけ~。

いつの間に島子の前に・・・(笑

小旗さんとあたしって・・僕とあなたって・・座高が同じ!あはは・・チビ太は島子が好きなんですね。


他部署で寿退社の女性がいます。

さっそく中国式と日本式の違いをチビ太が説明。

中国は家庭も職場も男女平等で結婚したからとやめる人はいない。

一方日本は先進国のなかで女性の社会進出が遅れている。要は腰掛OLだということ。

嫌なことがあると結婚しようかな~とグータラで向上心のないOLのことを言う。

でもいましたよ。本当に。失敗して少し注意されたら逆切れして結婚でもしてやめようかな・・って。

相手がいるんならすれば?ってみんな冷たかった(笑

この会社のOLは全体にぬるま湯だから、中国と違うというけどここまで甘い職場はないですよね。


とにかく一人ひとりに面談し、事情を聞いてしまうとますます島子はリストラなどできません。

矢部が仕事がないからネットを見ているとコーヒーの声。

そういう矢部にヤンヤンがお茶を入れるのを断るべきだというのでした。

矢部は雰囲気で断れないというのですけど・・・。

今時OLにお茶を入れさせる職場も時代遅れですよね。

飲みたいものがあるなら自分で入れればいいのです。実際私が過ごした職場はたいていそうでしたよ。

男女役付き平社員、関係なく皆自分の事は自分で。その代わりに使い捨てのペーパータオルや紙コップ

などはいつも用意してありましたけど。マイカップ持参してる人も多かったし。コーヒー豆をセットするのは

その時、コーヒーが切れてしまった人という暗黙の了解がありました。

お客さんが見えても女性がお茶をいれるのではなく担当者が自分で用意してました。

それが普通だと思っていたけどこうしてテレビでお茶汲みを見ると気持ち悪いしヤンの言う通りよね。

その夜、矢部と面談すると強力なコネを持っていた祖父は退職したとのこと。

もう守ってくれる人は誰もいない。仕事は自分で探すものだという島子でした。

これもそうなんですよね。本当に暇で困ることもあるし、他の人が忙しくしていて自分だけ仕事がないって

こともあるかもしれないけど・・。私だったら自分で仕事作って、マニュアル作ったり、勝手に統計出したり

市場動向探ったり・・・役に立たなくても企画を出し続けるかも(笑

会社では閑そうに見せない工夫も大事ですよね。

とにかく島子からリストラ対象だといわれて本気出すようにハッパかけられるのでした。


そして矢部が発奮し、営業二課のフロアの配置換えの仕事を立候補。

島子も「フォローする」とここで力強く言っています。

張り切ってデスクなどの配置や発注をこなしている矢部。

終わってなかなか良かったと褒められたところに原田部長の席を忘れたことが発覚。

それも本部長対抗で負けて荒れてるという特別うるさい人だった。

やり直すと言ってるのに許さないなんてなんつう狭量な人。だから本部長になれないのよ(笑

すぐに矢部をクビにするからという弥生もひどい。

朝日奈が土下座までして許しを求めていますが、結局弥生は矢部のクビを切るつもりです。

どうしても一人辞めないといけないからというのでした。

矢部ももう辞表書くつもりでいます。


一人考え事をしている島子にチビ太がきました。

中国人が仕事をとっていったのではなく日本人が劣化したからという説明にますます反感の島子。

そこで小旗が言う。

そんなに矢部が大事だったならなんで守れなかった?

無理っぽい仕事させてこけさせて。言語道断。・・・本当にその通り。

初めての大きな仕事をしている矢部だったけど、フォローするといった島子のチェックが入ってないよ。

最終チェックでも最後のフロアー設置でも、島子や朝日奈が立ち会ってなかった。

朝日奈がそこに気づいて土下座したのはわかりましたけどね。

自分で自分のミスに気づいてない島子にチビ太が言ったことは正解です。



でもこれでチビ太は自分の首をしめたことになりました。

大好きな(?)島子はそれにより、朝日奈のプロポーズを受け、寿退社という。

矢部に代わって島子がやめることにしたのでした。


荒れるチビ太です。

それ風の男達につかみかかってケンカしてます。

大龍には決して手を出すなと言ったのは中国人だから後が面倒だからね。


****************

これまで中国と日本の職場の違いで対立した様子を見せてきましたが

今回は日本の職場の中での問題点をかなりはっきりと見せてくれました。


中国が仕事を奪っていくならいいじゃない。

単純作業や、簡単だけど人の手が必要な仕事は全て任せて

日本はもっと大きなスケールの仕事を生み出していく方向に進めばいいのよ。

敵対せずに、お互いの長所を認めて利用し合うことも大事です。


といっても島子ったら専業主婦になってどうするの?

転職してもっといい仕事をつかむか、自分で事業おこしてもいいかな~と夢見るけど・・。



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/741-1b6f2db8