先週の第4話を見てないけれど特に違和感もなく入れましたわ^^;それがこのドラマの持ち味か??(笑
最初の2分コースで先週の概要が紹介されてました。

彼の前から黙って消えてくださいとカノンに言う美月。

涙のカノン@堀北真希を気にしながらも義道神父に呼ばれて中に入っていく殉也@北川悠仁。



妹をかぎまわったら殺す!と脅していた耀司ですが、とうとう池田記者@豊原功補を殴ったようです。

そのあと事件に関連する記事を削除しまくっています。

6年服役していたけれどPCの扱いは忘れてなかったようですね(笑

でもただ削除したぐらいじゃすぐに復元できちゃうんでは???

警備の人が池田を見つけますが、その間に耀司は逃走。

しかしなんとまあバレバレの短絡的なことをしでかしますね。


カノンが目覚めてみると隣に耀司が帰って来てないことに気づきます。


殉也は昴@成宮寛貴にカノンがバイトに現れないことを心配しています。

携帯も通じず連絡が取れないという。

自分から姿を消したなら、探してほしくないのかもしれないという昴。


さらにカノンには耀司の職場から無断欠勤の電話が入ってきました。

そのころ耀司は「山本診療内科」の門につけています。

医師が出て行った後、中に入り込み、カノンのカルテを見つけて裏口で焼きました。

カノンは心療内科にかかっていたんですねえ・・・。

それは何で?



カノンのアパートには警察がやってきて、家宅捜索。

池田殴打事件を知り、ショックなカノン。


池田記者は頭を殴られて気絶したぐらいですんだようです。

殺しで服役していた秋山容疑者がさらに脅しをかけてくるということは

「これ以上なにがあるんだ?」と編集長が疑問に思っていますが、

ほんと、何もしなければばれないかもしれないのに寝た子を起こすってこういうことよねえ・・。

でも池田がかぎまわっていたからばれそうだと思うのもしょうがないか・・・。

家族の秘密があると編集長に断定している池田。


耀司の事件は新聞に載ってしまい、カノンのアパート前にはマスゴミが大勢います。

大家までが早く出て行けというから本当に酷いです。かわいそうな子。


美月と殉也。

衣装の仮縫いをしていますが、カノンを心配する殉也にとうとう耀司のことを話してしまいました。

殉也は以前、カノンから兄弟はいないと聞いていたけれど、理由を知り合点がいった様子。

ますますカノンに同情が深くなっていったようです。


カノンは弁護士に耀司の弁護を頼みますが断られています。

被害者を殴ったことは事実だからということであとは示談しか残ってないと突き放されてしまいました。


耀司が頼って行ったのは同僚のところ?軽薄そうな人・・おお~~浅利陽介??口だけ番長。

ここでも似たような役ですねえ(笑)卓夫っていうのね。

卓夫は軽口をたたくけれど案外、耀司を守ってくれそう?信じていいのかしらねえ?


殉也は昴から住所を聞き、カノンのアパートを訪ねています。

記者だと思い警戒して反応しないカノンですが、オルゴールを鳴らしたことで殉也は中にいることを確信。

「カノンちゃん」殉也の声に思わず戸を開けました。

耀司の事件も知ったと話します。打ち明けるとクビにされると思ったの?

今までそうだったからというカノンの言葉に自分は離れないと言う殉也。

聖花のために祈ってくれたから僕も君のために祈るよ。



池田記者のお見舞いにいくカノン。

耀司の件を謝罪したあと、兄を許してほしいというカノンです。

池田はカノンのカルテが紛失してしまったことをつげ、もう一度長野で同じ医師にかかって

6年前のことを思い出してほしいというのでした。


カノンは殉也に事件の前後から記憶が途切れていることを話し、長野の同じ心療内科の医師のもとで

治療を受けてくるといいました。

ムリに思い出す必要は無いと理解ある殉也ですが、カノンの気持ちもわかってくれたようです。


美月は昴に怒っています。

殉也は聖花にかまいっきりだというこの3年間。夜中も3時間おきに体位交換しているそうで

まさにハードな介護を続けているんですねえ。。献身的すぎます。

だからこそカノンにも気持ちが分散すれば殉也も救われる部分があるという含みでしょうか。



山本診療内科。

そばで池田記者が見ています。ええ?心療の場に第三者が入るなんて変じゃない?

催眠術かなにか、かけたのか、眠った状態で話し始めるカノン。

12歳のカノンは4人家族で楽しかったのはクリスマスパーティ。

ケーキをかこんでお祝いしてそのあとは休みました・・。

ドキドキしてサンタを待っていたというカノン。誰かが階段を上がってきたのがわかった。

誰かのシルエット。ベッドに手をかけた?

私は・・私は・・・急に苦しそうな顔になるカノンですが、山本医師が起こしました。

我に返ったカノンですが頭痛がしてもう思い出せないといいます。

池田記者はもっと踏み込んでほしいみたいですが

山本医師は時間がかかると諭しています。何年もかかる例もあるし一生思い出せない人もいるとか。

本当は知ってるんだろう?池田は暴言ですが医師としてはそれ以上は教えないという方針ですか・・

そもそもカノンが犯罪に関わっているわけじゃないから医師としてもカルテ開示はムリでしょう。

カノンが同意してもそれを記事に書くのは酷すぎます。



帰りの途中、車を止めてカノンに運動会の時の家族写真を見せる池田でした。

友達の家を回りに回って手に入れたという。なんで友達が自分が写っていない他の子の家の

家族写真を持っているのかそもそも変だし不自然だよねえ。

カノンははあはあ呼吸が荒くなり、いきなり外に飛び出しました。雑木林。帰ってこれなくなりそう。ゾゾ

走っていくカノンを追いかけていく池田。追いついてカノンを掴もうとした転んでしまった。

起こそうと手をかけると怯え方が非常に強い。突き飛ばしました。その反応に池田はピンときました。

何かされたのか?誰かになにか・・・親父か?兄貴か?

カノンははあはあいうだけ。


カノンはバイトに行くことも忘れてしまうくらいショックだったようですが、

帰宅してみると耀司の置いていった荷物があり、見てみるとTシャツが血に染まっています。

両親が倒れ、ナイフを持った兄がいたシーンを思い出しています。また息が荒くなっているカノン。

そこにバイトに現れないカノンを心配して殉也がやってきます。

思い出せといわれて思い出したんです。ずっと忘れていたことを。

お兄ちゃんがナイフを持って立っていた。そのナイフが血で真っ赤に染められて・・やっぱりあのとき

お兄ちゃんがお父さんとお母さんを手にかけたんです。

外では耀司が聞いています。

優しいおにいちゃんがどうしてあんなことをしたのかどうしてもわからない。

仲のいい家族だった。みんな笑ってた。

お兄ちゃんがひきこもるようになって少しずつ壊れていった。

それでもお兄ちゃんは何もやってないと思って信じて頑張っていたのに・・

泣き出すカノンを抱きしめる殉也。


ああ・・う・・・うしろに耀司が立ってる・・・・こえええええええ@@@

これじゃまるで宗佑再来だよ。しかも土足。


そうだよカノン。おれが父さんと母さんをやった。

二人を殺してあの家に火をつけた。よく思いだしたな。

けどこれ以上何も思い出すな。


これ以上思い出すな・・・って真実は違うってことなのね・・・

ここまでの様子をみると視聴者のほとんどは耀司が刺したとは思わないですよねえ・・・。


兄を追いかけて見失いそのまま殉也の家に行くことになったカノン。

聖花に紹介しています。カノンちゃん、連れてきたからと言っています。

大丈夫もう恐い思いさせないから。


耀司は十字架を握り締め、その足で自首?警察に向かったようです。


カノンに寝具を渡します。

聖花の心拍のモニターが下がっています。

涙が行く筋か流れ、心音がゼロになってしまいました。

警告音が響きます。

*********************

聖花、どういうことなんでしょうかねえ?

今度は呼吸器は外れてなかったのよね?

謎が多いドラマですが聖花のシーンは特に謎が多くて好奇心をくすぐる素材でしたねえ^^;



今週は宗佑になった耀司がとっても受けました。やっぱり浅野脚本ってこってす。

「けどこれ以上何も思い出すな。」

ということはカノンは肝心なことは思い出してないってことですね。

真実は違うってこってす。


ただカノンの反応から池田記者にはバレバレだったし、相手は間違いなく父親ですよね。

殺したのはやっぱりカノンで兄が罪をかぶってくれてる気がしますがここがまだわかりません。

カノンじゃなくて、単純に兄と両親が争ってはずみで二人を刺した結果になったとか。

せめて池田記者がカノンに情をかけて虐待の実態を記事にするようなことを

避けてくれたらいいですがねえ・・。


浅利さんの出現でまた面白さが加わりましたね。

なんだかんだと彼は耀司を匿ってくれたのね。

何か理由があるのかしら?そんなに親しくも見えなかったけど。

でもまあ耀司は自首したから迷惑はかからないはず。


そして美月。

殉也を好きな余り、視線が恐いよ(笑

陰でカノンをいぢめたようだし、この子もこういう役がハマッテイマス・・プププ


ということで今週も存分に楽しんだよぉ~~~~♪



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/776-322482f8