最終回一番のホラーはJ@殉也とK@聖花の二人が微笑み合ったとき。コレこそがイノセント?・・・ブルッ
***********************

飛び降りた聖花のせいで殉也@北川悠仁は聖花と同じ運命を辿り、意識不明に。

カノン@堀北真希がそれまでの殉也ガ聖花にしたように献身的介護を行い、

そして何かのきっかけで回復。

ま・・聖花と同じ回復の道を辿るというのが笑えるといえば笑えるかも。

そんなひねりのない全く予想通りの最終話にややがっかりでした。


    ☆       ☆       ☆       

先週早回しのように結婚式を流していましたが、まずは花嫁さんは皆に祝福され

白いドレスのカノンもきれいです。

やたら厚ぼったい前髪も多少ゆるんでかわいくなりほっとしました。

誰?ヅラって言ったの?

カノンは式に出席しなかった兄@耀司に電話。

アタシは幸せになると宣言するのでした。


昴@成宮寛貴は殉也に告白。

10年来好きな人がいてそれは聖花じゃないんだと・・。

今、重大な告白ですが、昴の気持ちを殉也はもちろん知るわけもなくそれは誰?いうところです。

聖花が階段を上がっています。

気づいたら、ベランダの聖花を殉也は見上げていた。

泣いている聖花ですが・・

不自由な体なのにちゃんとよじのぼり、そしてまた自殺?しようと飛び降りました。

大迷惑。

抱きとめようとしてその下敷きになった殉也。

駆け寄ったカノンに微笑んで見せますがそのまま意識不明になりました。


病院で付き添うカノンのところには耀司がやってきます。

病院ではあのオルゴールを3日間鳴らし続けているカノン。

以前、聖花がオルゴールで目覚めたからだそうです。



そして昴もお見舞いに来ますが

好きな人はお前だというのでした。

聖花を連れてパリに発つつもりだったが殉也の状態を見て残ることにしたとか。


そして医師と病室に戻ったら、突然のように起きていた殉也でした。

聖花が上半身起こしていたのを思い出したわ~。ぞぞ・・。

昴も病室にいるのですが抱きついて泣くカノンでした。



退院した殉也に食事させ、甲斐甲斐しく世話をするカノン。

食事の時は食べこぼし用にタオルか何かをかけないと・・。

子供達の写真など見せて説明。

事故のせいで脳に障害が残り、記憶が消えています。

二人が出合ったときの写真も見ますが反応したようで、すぐにそっぽ。



池田は会社を辞めてフリーになったとか。

そのほうが書きたい事を書けると耀司に言っています。

いつかその後のことを書かせてくれだって。

まだ二人を追いかけるの。しつこい人。

それでも耀司は池田には

人は何があっても生きていくしかないんですね・・と。

池田もその通りだと言うのでした。

何じゃそりゃ~?


カノンは美月をよび、

殉也の昔のことなど楽しいことを思い出させてほしいと頼みます。

しかし美月のことも知らないという顔の殉也。あはは・・

子供のころの写真を見せて話しかけていますが

美月の手が触れたらびくっとひっこめて車椅子までもあとずさり。プププ

これまでの美月に対する思いはこれだったのね。

優しいから本心を見せずにいたけれど、本能は障害が残った今こそ発揮。

美月は傷ついた顔して帰りましたけど・・。


聖花に語りかける昴。

本当は殉也のことを心から愛してたんでしょう?

だから命がけであの子から殉也を奪おうとしたんでしょう?

何も言わない聖花。



カノンに捧げた殉也作曲の曲。

弾けないカノンがもどかしい。

残念そうに断念しますが、殉也は鍵盤を見つめています。

バイトに出たカノンが、いつかの殉也のように今度は殉也が寝ている様子を携帯で見ます。

あらら・・いません。

慌てて帰ってみると、殉也はピアノを弾いていました。


いつかのカフェで手品を見せているカノンです。

遠くから見ると楽しそうなカップルですがカノンも必死。

気づいたら笑ってる殉也。

それを陰で見ている耀司。

そのまま内藤神父のところに行き、話しています。

妹の幸せを願おうとすると心の中の余計なものが邪魔していた。

今は本当に心から祈っています。

ただうなずいている内藤神父。

ここで奇跡の手でも頭にかざしてくれたら良かったのに・・プププ

内藤さんてセリフがなくても楽しいんだけどさ。

てか、内藤さんにもっと活躍してほしかったな。


デッキのところで風船を見て、聖花を思い出した殉也。

急いで家に帰り、寝室に行き「聖花・・」と探しています。

そこには誰もいなくて・・・

そして翌日も「聖花は?」と聞いています。



これによりカノンは決心しました。

聖花を思い出した以上、ここから糸口が・・・。

昴に電話し、聖花をよぶことにしたようです。

カサブランカの花束を聖花に渡すようにと殉也に残して家を出て行きました。


そしてやってきた聖花。

二人は無言ですが、すっかり純白な二人の頭の中には何があるのやら。

無垢な微笑を交わす二人。

やっぱり・・こわいわ・・・

その頃カノンは教会に行きました。


殉也から花束を受け取る聖花。

風入り、楽譜が飛びました。拾ってあげた聖花はピアノの上においています。

ピアノの前に座り、弾きはじめる殉也。

ぎこちなく弾いていますが、しだいに・・・流暢に弾きはじめた。

そして思い出した!

いきなりすっくと立ち上がり、そして全力疾走・・・おわ~~~~びっくら。

さっきまでよたよたしていたのに・・

人は記憶がよみがえると体も敏捷さが戻るの?あんまりびっくらして腰が抜けた。ウソです。



走りながら殉也はそれまでのカノンを思い出しています。

そして本能でカノンが教会にいることも知っていました。さすが超能力。

ですがたどり着いた教会にはカノンはいません。

がっかりして外に出たら、ベンチに座り込んでいるカノンがいました。

「カノン!」

二人はひしと抱き合います。


お兄ちゃん、愛って何だと思いますか?

好きだという胸いっぱいの気持ちを繋げていくこと。

私たちは大丈夫です。


二人はキス。


聖花に赤い風船を渡す昴。

PCに向かう池田。

雪を見ている耀司。


カノンと殉也は普通のカップルに戻りました。

街のなかで雪に降られ幸せそうです。



****************

記憶喪失が大活躍したドラマでしたねえ・・。

思えばカノンの記憶喪失も、

聖花の記憶障害も、そして殉也まで。

おかげでつじつまの合わないことは全部記憶違いにできたし

最高に都合のいいドラマにもなりましたわ~。



しかし聖花が回復するパターンと殉也の記憶が戻るパターンは一緒でしたね。

聖花はまず昴を思い出し、やっと殉也を思い出したら

殉也はもう他の人と結婚するところだった。

たぶん、本当に好きなのは昴の言うように殉也だったんでしょう。

聖花は昔からこういう複雑怪奇な行動をする子だったのね。

最後まで大迷惑でしたが、今は大人しく昴のそばにいることにしたようです。

なんか、昴が一番かわいそうというか・・・

殉也を愛してるから、好きでもない聖花を一生面倒みるのか?

この人もどうもわからんところにいました。

何たって戸籍抹消の存在しないJだから・・というのはブラマンでしたわ・・



そしてこちらのJ@殉也も同じように最初は聖花から思い出しました。

身を引いたように消えたカノンです。

しかし殉也はピアノ曲をきっかけにちゃんとカノンにたどり着きました。


あのピアノを弾いて突然思い出してそこからロボットのように走り出すところは

さすがに爆笑してしまいました・・。

んもう都合よすぎだよ~~。


出演者は大真面目に演じてるけど

何も矛盾とか疑問とか感じないで演じてたんでしょうか?

いや~もう制作はだいぶ遊びましたよね。

それでいて最後はちゃんと雪の中で綺麗に一件落着。

こういう珍しいドラマも久々でしたけど・・・。

ラスフレに次ぐ迷作とドラマ史に残りそうな予感です。



Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/818-8b225e2d