FC2ブログ
今週も右京さんの部下は発注されてなかった・・誰になるんだろか??
第11話「越境捜査」

角田(山西惇)課長らの捜査に協力した右京(水谷豊)は、拳銃を持った容疑者を追い、神奈川県警とともに住宅街で一軒一軒しらみつぶしに捜索することに。そのころ同じ住宅街の一角にある藤堂(五代高之)宅では、娘が誘拐され、神奈川県警の早川刑事(益岡徹)らが犯人と極秘裏に電話による駆け引きを行っていた。右京は藤堂の自宅に異変を感じ、やがてこのもうひとつの事件に首を突っ込むことになり…。右京が焙り出した真実とは?

ゲスト:益岡徹 五代高之


そうそう益岡さん、前日も「神の雫」でご出演。

売れっ子なのね・・連ちゃんです。

つぶれそうなフレンチ店再建のために誘拐なんて考えてはいけませんぞ~~。

というのは別の話で~す。


なんと今週は同じ地域で重大犯罪が2件も起こっていたという話でした。

ちょうど警視庁と神奈川県警との境の地域で応援を要請していました。


右京さんは持ち前の探求心で見事、銃で立てこもった男を逮捕に漕ぎ着けます。

あの人質になった女性がやったら怒って犯人を殴らせろというので爆笑。


で、その時に居留守を使った家にも不審感を覚える嗅覚をもっていたのが右京さん。

立てこもり男の逮捕で事件は解決し、警察関係は解散となりますが

居留守の家、藤堂宅にも行ってみました。

そこは子供が誘拐され身代金5億円という大事件が発生していたのでした。

既に神奈川県警がやってきててきぱきと指示し、もう身代金を渡すところまできています。

右京さんは事件を協力するという態度を惜しみません。


刑事さん@益岡徹の言うには犯人とこの家の主人、藤堂が通じていて狂言誘拐の可能性もあるという。

5億円を数時間で用意できるということはよほどのことがない限り裏金というか黒い金だそうです。

だから勝手に主人が携帯電話を使用できないようにしていると妨害電波を出していました。

ホントだ・・携帯が圏外になっています・・。

右京さんは犯人にお金を渡す時間ぎりぎりまでできることをするということで

紙幣の数字を控えることにしました。

その方法とはビデオに紙幣の数字のところをパラパラとめくって映していくこと。

早送りでもあとで解析すれば番号はすぐに判明するのね。

頭いいねえ~~~感嘆!しかし5億という金額ですから時間がかかるかかる・・・。

その間に、益岡刑事さんはどこぞに電話。右京さんも誰かにメールを送っていました・・。

実はこれが右京さんのしかけた罠。


車に5億を積んで藤堂は犯人の言うとおりの場所まで移動。

そこで金髪の男が現れ、藤堂は手ぶらで追い払われますが、

その後無事子供を解放したと連絡が入りました。

そして子供の保護の連絡が入り、ひとまずは解決。


しかしこれは大どんでん返し!!

なんと益岡ら刑事たちは実は刑事でもなんでもないただの誘拐犯人一味。

盗聴の技で表ざたにできない裏金を持っている会社役員宅を狙って犯行を続けてきた組織でした。


右京さんがこのことを疑いだしたのは、

ヘリが飛び交い銃を持った立てこもりの事件があることを知っていて、

「この辺が騒がしい・・」と電話してきた犯人の言葉から。

普通ならテレビや何かを見て「その辺・・」というのが正しい。

たった「こ」と「そ」の違いなのに・・鋭い人。

だから、犯人は今まさにこの辺りにいる人間に違いない。

そこで、益岡刑事らを疑いだし、携帯の妨害電波を一瞬取り除くために

紙幣の録画を持ちかけたという・・。

右京さんてば、すごい眼力。

アタシはあの刑事さんたちが犯人とは全然思わなかったよ・・。


益岡刑事は、裏金をもつような悪い家を選んでの犯行だから

ある意味社会正義も兼ねていると嘯くのですが、そこは右京さんです・・

子供や両親に一生消えない傷を作ったことは重大犯罪だと糾弾するのでした。


今週も右京さんのおかげで単純に見えた事件が実は裏ありだったと知り

面白さに満足でした~!

しかし、誘拐なんてされたら子供の心には一生消えない傷が残りますよね。

そういう小さな心の襞にもちゃんと通わせている右京さんも優しい人です。

さてさて・・それなのに、未だに右京さんに部下がやってきてない。

誰が来るんだろう?

このままラストまで引っ張るんでしょうか?



そういえば3月に六角さんが主演の映画があるんだ!

こちらも面白そうでした。

たぶん行くと思う・・楽しみ♪




Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/845-a4fcc59e