03/05/2009 キイナ 第7話
甘いものに目がないキイナがかわいいな~。
捜査一課・主任の津田(金田明夫)の愛妻・真美子(宮崎美子)が、殺人未遂の現行犯で逮捕された。真美子は、投資会社を経営する田所祐二(三上市朗)を待ち伏せし、鉄パイプで撲りつけたのだ。キイナ(菅野美穂)の取調べに対し、真美子はリゾート開発に絡む架空の投資話で田所に多額の金を騙しとられ、憎くて憎くて、殺さなきゃ自分がどうにかなってしまいそうだった。と供述した。一方、入院中の田所は、真美子には会った事も顔を見たこともない、騙した覚えもない、被害者は自分の方だ。と証言した。
二人の供述がまったく食い違い、困惑する捜査一課、辛そうな津田を気遣うキイナたちだったが、雅(沢村一樹)は、津田に捜査からはずれるように指示した。取調べを進めると、真美子は田所に招待され沖縄に視察旅行に出かけたと供述。現地で偶然遭遇した交通事故や、その日によって違うはずの朝食のメニューなど正確に話した。ところが、津田と娘は、その日、真美子は間違いなく東京の自宅にいたと言う。
ますます困惑するキイナとタケル(平岡祐太)は、津田の自宅を訪ねた。津田は、真美子が沖縄に行っていないと言い切るには理由があると言う。実は、真美子は飛行機恐怖症で飛行機に乗ることができない。だから、今、心療内科のカウンセリングを受けている最中だったのだ。キイナたちは早速、その担当医の桐島貴子(荻野目慶子)の元を訪ねる。そして、津田にはもうひとつ引っかかる事があった、事件の夜、家の電話がワンコールだけ、同じ間隔で3回鳴った気がすると言う、キイナはそれが何かの合図ではないかと思い



心療内科の治療と聞いたときから犯人がわかってしまいましたネ。

今週はずるしないでちゃんと最初から犯人のキャラを出してくれたようです(笑


催眠にはかかりやすい人とかかりにくい人がいるそうですが

雰囲気で半分眠った状態にして話すあれは気持ち良さそうでしたね(笑

でもそこで聞いたことが深層に働きかけて

その通りに動くんだとすれば人類滅ぼすのも簡単かもよ。

自制の防御が無意識に動いて、人間として、してはならないことはしないそうです。

工藤@塚地も5円玉を振り子にし左右に動かして

タケルを催眠状態にしようとしたけどできなかったですね。

意外と難しいものだわ。

ただ心療内科医の診療室は癒しルームみたいな雰囲気でした。

ああいうゆったりしたところで独特のリズムなどで話されたら

かかる人はひっかかるのでしょうね。

しかし医者のくせに患者に殺人の教唆・記憶を植えつけるなんて言語道断よ。


工藤は自制が働くと言ってましたが

自分の命が危険だという強迫観念をセットで植えつけることで実行させることができるという。

そして津田の奥さん@宮崎美子が心療内科医の女医の身代わりで実行したということなのでした。


催眠状態にして、女医の体験を話し、津田の奥さんの記憶に刷り込ませていたんですね。

そして投資会社の田所を殺すように命じ、

それは電話のワンコール3回の合図で動くように植えつけました。

それを聞くと心から田所に対する憎しみが湧いてきて頭が爆発しそうなくらいになり、

そいつを殺さないと自分が殺されてしまうという女医の目論見どおりの供述をしていました。


同じようにキイナにも催眠をかけた女医でしたが、

キイナは自分の指を傷つけることで気をそちらに回していたから

催眠にはかからなかったのでした。

フリで応じたあたりは上手かったですね。

女医が見抜けないくらいの演技だったようです。


催眠と洗脳は似てるけれど違うのね。

何らかの合図(音や現象など)で、深層にある行動を起こさせるのが催眠。

洗脳は言葉巧みに恐怖心などを煽ってある方向に導くもの。

どっちもうさんくさいけれど、弱った心に入り込み易いもののようです。

気をつけなくては。



今週はまた工藤が告白。

莉子がキイナがママならいいと言ってくれてるそうです。

相変わらずキイナは聞いてませんが、代わってタケルが聞いてたのが新パターンですね。

伝えましょうかっていうところがなかなか笑いを誘ってくれました。



事件解決し、また奥さんがお菓子を焼いてくれましたが

一番の活躍のキイナに残ってないのがミソ。

とっても食べたそうな顔がとんでもなくかわいい菅野ちゃんでした♪



雅は今週も笑いませんが

キイナに取られるかと必死にお菓子を食べたのが受けたわ~フフフフフ

次回、雅から笑顔を奪った事件が浮上するの?


Secret

TrackBackURL
→http://eri0309.blog98.fc2.com/tb.php/899-73f12d61